2014年03月17日

梅田の雀荘でのゲーム代は・・・(5)

残りの5つの紙に何が書いてたか見てみてもいいですか?」
ドラが少ないぶん「1000点」の重みもかわり供託に支払う1000点すらもリーチ判断の、ひとつの重要な判断要素となりえます。



まだ開花してませんが(笑)
今回は、その解説です。


始めから徹底的に点棒を稼ぎまくって、
他家を威嚇しておいて、切れなくさせて他家の
和了りを蹴ることも大事なので、ポンテンに
取れるなら安手でも鳴きます。
これで集中力を切らしては勝てるものも勝てません!
)m
とんでもない驚き
70位:ロン2オリジナルステッカー3枚セット
1列目に順番に並べ打ちした上での七萬単騎待ちメラメラ(小汚い・・・w)
私はこの手牌なら機械的にチーして9筒を切り、あわよくば
6筒へのくっつきも期待する守備意識ゼロ打法で進めます。

こんな行き当たりばったりの会話パートを見守っててもしゃーないですよ。

3番ーファースト やのっち
今のポジが整理されたら見直したい。



「 私は AKB48だよ 」
段位戦と雀荘戦の大きな違いが役満の押し引きだと思います。


フリー雀荘でも長考や 牌離れの悪い人など 様々な お客がいます
東風戦。


兄「まあ限り歩くように してるんですが。
それはしません。

若い頃はつまずいても 蹴飛ばされても 案外平気で すぐに
立ち上がり 歩き始めるような人だった。

その辺が成長しない要素かもしれませんね(´・ω・`)切実

下家も無理はしないと思うんで一騎打ちになるはず。


お客の中には続けて のぞいて下さる方もいるようで まあまあ感じで 継続してますね
今年の2月に発売されたばかりの、PSPソフト「麻雀覇王ポータブル段級バトルSpecial」に
ダウンロード版が登場するそうです。
頑張りすぎだなオレw
ですが、こういう考え方もあるのかと参考にしていただけたら幸いです。

靖子(以下妹)「中膨れではありますが、
切れ5筒1枚切れのこの場況ではそこまで
形とは言えません。


ひろゆきが丸々一話かけて凡夫思考をしてました。

という半荘数を先日アップしました。

遊びの 世界なんだから格好よくなんてね
兄「ほらほら、時間ないぞ」
南場のラス目とはいえ北ポンは焦りすぎです。


3sと4sどっちだ。



なお、防御率については、ご遊戯した方のみです。
ツモれる待ちにしなければなりません。


$ぶっちs麻雀ブログ ドラポンクエスト【 雀 】
まぁツイてただけで、うまく成功するのは少ないんですけどね~
という返答をいただいています。
兄「おっと、例えテンパイだろうと鳴きは
OFFにするなよ? 万が一上家から赤5筒が
出たらチーするんだから」
ということで、ノーレートは、今月より第2木曜日のみです。


兄「うーん、リーチ……かあ?」

脇があがってもいいけどこのブログで告知しました。
皆様、ご意見いただけないでしょうか?

オーラス前で、ラス目がドラポンしてるので押すのはリスクが高いですね。


下家が5筒切りリーチしてたらどうなってたんだろう?
これからはため、がんばりたいと思います!
調布祭(学園祭)準備
妹「無論チーして4筒切りです」
別名 「お騒がせ男」 なんて 言われてる
(実際は雀荘の魔術師が続いていたことに驚いたんだけどw)


南家。
一日一回 牌を 触らないと 気がすまないなんて 人も いるくらい 麻雀好きが います
一応赤5p縦引きに備えて4pから。

と短期間でもいろいろありました。

点棒的にもスるわけにはいかない。

メンバーとすれば 有り難い お客です。

これをリーチするのは自殺行為です。


ポンしました。

1月26日(土)は、西園寺靖子氏の
お兄様が来店します。

フリー雀荘で 長時間 麻雀を 打ってると為に 休憩をしたりします
面前平和が見えないこともないですが、
下がってしまうと思います。



放銃は痛い。
これで下家があがってくれればいいし
これはよく考える必要がありますね。
佐々木寿人プロの「ヒサトノート」は、話題になりましたね。



地雷卓→比嘉の人間力
偶然にも松崎良文プロと対戦(・∀・)ラッキ-
雀荘戦はため、よりこの機会にご一読お願いいたします。


3p切りです。



こごっちp-(´・ω・`)
チートイドラドラ、赤1枚北1枚。
1000点あがればラス回避。

お教えいただければ、嬉しいですヾ(´∀`)ノ
トップの南家と1900点差の二着目です。


妹「せっかくテンパったチートイツなら和了れそうな気はする。


見逃しだ。


鳴きはない。
【最強ネトマ】ここまできたか・・・無料ネット麻雀・・・「雀龍門」
今回は出しましたが一発赤裏なしだと。


大阪の雀荘での出来事




おすすめ記事




posted by ううん at 10:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。