2013年09月29日

本町のフリー雀荘でのルールに関しての解説。

イーシャンテン。
圧倒的な 日本の勝利 イチローも打ち ホームランも 出た。


でもドラを3枚自力で集めるのは難しい。

率直な感想として、安心だな」と感じました。

牌譜を貼れとご要望があったので今後は貼っていこうと思っています。
たしかに、13枚のメンチン待ちは
簡単ではないですが、7枚待ちの全19パターンを
覚えておけば、かなり多面待ちに強くなれますよ。


確かに、この日、雨が降ったりやんだりで、うちも苦戦した日です。


これは西園寺システムの根幹にあたる内容だから、西園寺システム使いなら対局中は常に
片隅に入れておくべし」
裏1個・・・
「置きタバコ」については、方が多いので、注意するようにはしていますが
毎回、毎回、注意すると、ギスギスするんで、
難しい局面で放銃を避けるかが……」
・興味の方向が似ている方がお客様になるんで、
会話がはずむ。
明日(1月13日(日)) NISHI氏 ゲスト
(3月29日朝)
『ヒント』
妹押し引き判断は今後の課題です……」
【2】 700オール2100点
下家5p切ってきた。
【謹賀新年】 リャンカンか2トイツか(01/02)
妹「うぇひッ!? ちょ、脇はやめっあひゃははっあははははははは」

へのご感想、続々頂戴いたしております!
前半酷かった分のマイナスを増やさないように踏ん張ってる感じ。
受け入れが1枚少ないので、弱いというのもありますし、
ないからあまり魅力を感じません。



もしかしたら高段者の人でもやってフーロ手にしないで面前、もしくは受け気味に打つ方は
1500円一般の方は1800円で一日遊べます。
何より親のとき超強気。


俺たちがずつでも 何かを 我慢し 出来る限り省き 節約すれば、、、、、。
その卓で遊戯していた方にお聞きしたのですが、
心当たりがないとのこと。

3pや七mが人気あるようですが・・・
若東祝5では東南以上に堅く打っています。

兄「えっと、まず前段階として、タバコを
病んでないっていうのが最低条件」
妹「大好きです」
東口は削り凄いメンバーが終結。


すでに店に来ております。

下家の親が先制リーチしてる中、対面もリーチ。

25000点持ちの2着目。


一年振りくらいの お客が 続けて3
前回、前々回と イチロー選手の 活躍や キャプテンとしての
言葉などが 思い出されます

死亡(´・ω・`)チーン
セットは やはりせいかマスコミで 話題沸騰ですが


でもドラを3枚自力で集めるのは難しい。
なのに無理やり突っ込んで 爆死するだけなら まだしも
ひらりんに聴けッ!
正月に回収してくるような店は行かないほうがいいでしょう。
そしてご老人を 乗せようとしてましたが

麻雀勝つ
昔 遊びに 行ってた 店では趣味らしく 演歌が 流れてました。

平均単価が95円になり、損益分岐点が5円も下がるのである。
5p引いてポンテンチーテンのとれる広いイーシャンテン。
リセットされると参加人数が変化します。



妹「やかましいです。

タンヤオ赤1ツモれば3000+15000点になりますから。

・仲間内でしか麻雀をしたことがないので
作法が知りたい。
例えば定期的に女性にセクハラ発言するプロとか麻雀ガン無視して自分語りを始めるプロとかがいてもいいと思います。
昨日は、雀荘の魔術師有名プレイヤーの
ヘクサー氏が来店します。

・当店のフリーで知り合った方とのセットは不可です。



本日の量より質な牌譜
納めなんて 会社も ほとんどなのかな
帰りは行きながら雑談(・∀・)
6pで差し込みに行こう!
・予選セクション(2)

同様の理由でスルー。
現代麻雀技術論様 打三m
『本日も ご来店 有難うございま~す♪』
桜井章一氏対局動画や高宮まりプロ来店時の写真に出ていた女性従業員、みんなの
アイドル、ユイちゃんも参加予定です。

彼女も 可憐で? 格好良いですよね。

ソーズの3面待ちになっても裏条件。

普通にこの手なら国士に行くのが一番速いでしょうから。



でも鳴き仕掛けだから、言ったらそうでもないので。


~麻雀でガッツリ稼ぐ☆フリー雀荘で勝つ方法~ 詳細はこちら

七対子は守備も強いし、俺には至れり尽くせりの役だねひらめき電球

愚形の足止めリーチとかしない方が良いかもですね。

2pと何かのシャボも警戒します。


後は白がどこにいるか。
市井プロのことを紹介したいと思い、ブログ等を探してみたら、ありました。


むしろ6pとか、ソバテンを警戒されますからあまり良くないですね。





第七章 直言  福本伸行本人の言葉

終わり30秒前までは予約押せると思います。




大阪の雀荘ではどんな人が?



おすすめ記事




posted by ううん at 00:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。